So-net無料ブログ作成
検索選択

ミノキシジルの入った外用発毛剤、効果があったことはあったのですが。 [健康]

頭髪を蘇らせる方法が発明されたらノーベル賞ものとは、
だいぶ以前から言われてきたが、

最近の外用発毛剤では、日本のT製薬から売られている「リ〇ップ」が、
アメリカ製では「ロ〇イン」、「カー〇ランド」が私を含め薄毛の人には知れ渡っています。
この3つの発毛剤はどれも出どころは同じらしい。

以前『アメリカの病院高血圧治療に使用していた薬品を投与された
患者の体毛が皆、濃くなった』というニュースを聞いたことがありました。

そして『これを発毛剤として薄毛治療に投与したら効果が出ていて、
そう遅くない時期に日本にも入ってくるようだ』というものでした。

詳しくは忘れましたが、確か「ロ〇イン」を製造する会社から
日本のT製薬が輸入して名前を変えて発売されたと聞いたように思います。
全く同じものではなく改良もするのでしょうが、いかがでしょうか。

10年くらい前、私は「ロ〇イン」を買いました。
1か月、2か月、3か月と毎日真面目につけていましたが、
そう簡単には変化はありませんでした。

しかし、つけて5か月ぐらい経った頃でしょうか、
つむじの周りの広く禿げているところと、
頭頂部の真ん中から少し前の側頭部が薄黒くなり、
つむじの周りは少しずつ禿げが狭くなっていき、
頭頂部前方の側頭部も少しずつ両脇からくっ着くように
狭くなっていったのを覚えています。

その後、これをつけて1年ぐらい過ぎた頃、まだ薄黒かったのですが、
ブラシをかけるとつむじのところを残して、禿げには見えないようにまでなりました。

今考えるとすごいことだったのですが、
馬鹿なことに、仕事が忙しくなり1~2か月つけるのを忘れてしまい、
元の禿げ頭に戻ってしまいました。

いま考えると、なんで続けていなかったのか悔やんでいますが、
後の祭りとはこの事です。

その後、思い出したように今度は「カー〇ランド」をつけ始め、
最近まで続けて10年以上経ちましたが、
あの時の発毛は二度と訪れず、少し前に使用をやめてしまいました。

「ロ〇イン」も「カー〇ランド」も、薬の配合は同じと言われているので、
薬の違いではないように思っているのですが。

人間の体は、全てが当てはまる訳ではありませんが、
初めての薬を体内に取り入れると、一度は驚いたように反応するが、
慣れてしまうと効果がなくなるのではないかと思うのですが。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。